レーザー脱毛の原理

医療脱毛をすれば短期間できれいになることができるのですが、自己処理のわずらわしさから開放されますのでお勧めです。

医療脱毛の中でもレーザーは特に人気があります。

医療脱毛のレーザーは毛根部にあるメラニン色素に反応をして熱を吸収させて、そこから出る熱で毛が成長するというのが特徴ですから、それによって熱ダメージが与えられて脱毛が実現します。

レーザーを皮膚に当てるとなると皮膚に負担がかかるのではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが表皮に対しての負担はほとんどありませんから安心して受けることができます。

医療脱毛のレーザーは一番安心で、そして安全な脱毛方法といわれているほどなのです。

医療脱毛のレーザーは医療行為ですから、受けられるのは医療機関だけです。

医療機関で受けることができるということは、万が一肌トラブルを起こしてしまったとしてもそこは病院ですからそこはアフターケアをしてもらえるのでとても安心です。

レーザー脱毛を何度も繰り返していれば永久脱毛できるというメリットもあります。

医療脱毛のレーザー脱毛には種類があり、アレキサンドライトレーザー、そしてダイオードレーザーの2つがあります。

この2つが一番適しているレーザーの光です。

医療脱毛のレーザー脱毛はエステサロンでも受けられると思っている人もいるかもしれませんが医師免許を持っている人がいるクリニックなどでしか受けられないのでその点注意しておきましょう。